File No.017
-
Interview:
Tadatomo Oshima (IDÉE)
Takahiro Shibata (EATer)
Chizuru Atsuta (EATer)
-
Photo:
Yasuyuki Takaki


Share> facebook   twitter

石津 祥介さん 『ライフスタイルの変化とともに住み継がれてきた 日本版ケース・スタディ・ハウス 』
Shosuke Ishizu
Representative Director of Ishizu Office / Shinjyuku-ku, Tokyo
2013.3.12

『ライフスタイルの変化とともに住み継がれてきた日本版ケース・スタディ・ハウス/The Japanese Case Study House Grew up in a Family’s Varied Lives』 

 

“ケース・スタディ・ハウス”という言葉をご存知だろうか?“ケース・スタディ・ハウス”とは、1945年から66年にかけて、建築雑誌『アーツ・アンド・アーキテクチュア』がスポンサーとなり、チャールズ&レイ・イームズやリチャード・ノイトラ、ピエール・コーニッグをはじめとする新進気鋭の建築家を起用し、ローコストで複製可能なモダン住宅のプロトタイプ建築を目指したアメリカの実験的住宅プロジェクトのことだ。そのプロジェクトは、カリフォルニアにモダニズムの花を咲かせただけでなく、今もなお瑞々しい暮らしのアイデアを私たちに与えてくれる。

 

今回、訪れたVAN創業者・石津謙介邸も、海の向こうアメリカとほぼ時を同じくして、雑誌『モダンリビング』の企画によって生まれた日本版の“ケース・スタディ・ハウス”だ。1957年、建築家・池辺陽(いけべきよし)によって設計されたテラスハウス・通称“No.38”は、リビング、キッチン、寝室などの各スペースをスキップした3層に分けて立体的に構成。必要最小限の居住空間を生み出そうという都市型住居のプロトタイプだった。高度成長期に差しかかった当時の日本では、このような住宅に対する試みは、斬新かつ画期的なものだったに違いない。コンクリート打ちっぱなしのモダンな外観、天井が吹き抜けになった開放感溢れるリビング、光がたっぷり入る大きなガラス窓とそれらを囲む鉄のフレーム、2階につながるコンクリートの階段など、現在も残る当時の意匠は、60年近く経た今も古さを微塵も感じさせない。

 

一方、竣工時はコンクリートだった壁面に無垢材を用いたり、書斎を増築したりと、この家は住まい手のライフスタイルの変化に合わせて、少しずつ“改装”というアップデイトも重ねている。謙介に始まり、息子家族が入れ替わりで、この家に暮らしてきたからだ。  

現在の家主は、長男の祥介さん。父とともにVANでアイビーブームを牽引し、60年代のアメリカの学生たちの姿を切り撮った、メンズファッションのバイブル『TAKE IVY』のディレクターを務めた祥介さんは、「流行の早いファッションの仕事をしているからこそ、ライフスタイルの変化を恐れることがない」という。建築家の池辺もまた、家族構成や暮らしの変化とともに自由に増改築をして欲しいという思いで設計したそうだ。ファッションという新しいライフスタイルを生み出してきた一家が住み継いできた“No.38”。そこには、世代を超えた家族の絆がしっかりと息づいていた。


Do you know Case Study Houses? Those were experiments in American residential architecture sponsored by Arts & Architecture magazine. Some major architects of the day, such as Charles and Ray Eames, Richard Neutra, Pierre Koenig, were asked to design and built inexpensive and replicable modern model houses. Not only had this epochal project triggered to mark the start of modern architecture, but it also continues to give us fresh ideas for our current lifestyles.

 

The house of Kensuke Ishizu, which we visited for this interview, was a Japanese version of Case Study House and built in the same period as American ones as part of project sponsored by Modern Living magazine. This three-story split-level house is nicknamed as “No.38” and was built in 1957 by Japanese architect, Kiyoshi Ikeb. In this house, its lounge, kitchen and other rooms are connected vertically by several sets of stairs. The aim of the project to build this house was to create a prototype of an urban residential architecture having minimum living space. As Japanese economies started to grow rapidly in that period, such architectural projects must have been epoch-making and attractive for Japanese people. The modern designs of the day such as bare concrete exterior walls, the spacious lounge with a high ceiling, a looming picture window with iron frame and the concrete staircases to second floor have still not lost its charm almost sixty years later.

 

Meanwhile, the house has been updated by several conversions and renovations including changing walls from concrete to wood and adding an extra study room, to adapt to changes in lifestyles of the owners. The lifestyle changes have been caused quite often because Kensuke’s sons have taken turns to live in this house after Kensuke.

 

Now Shosuke, the eldest son of Kensuke, is the owner of this house. He helped his father to run a company called VAN and led the Ivy boom in Japan being a director of a book “TAKE IVY” which featured photos of American Ivy League students in the 60s. The book is now described as a bible for Japanese men’s fashion. “ Because involved in the fast-moving fashion world, we are never afraid of life-changes”, he says. The architect, Ikebe, built this house with the idea of wanting the owners to convert it freely when they welcome new family members or their lifestyles change. The “No.38” has been in a family of sartorialists. When you step into the house, you will realize that the bonds among the family are still very much alive and well today.

 

 

 

 

 

 

 

—1957年当時、池辺陽さんによる設計の家にお住まいになるきっかけを教えてください。

  

もともとは、婦人画報社(現ハースト婦人画報社)の『モダンリビング』という雑誌の企画から始まったんです。「人間らしい生活の場としての快適な"住まい"はいかにしてつくられるべきか」という編集コンセプトで、「試作住宅」を造ることを誌上で発表したんですね。それで、編集部から、父(謙介)に施主にならないかとお誘いがあったんです。

 

—いわゆる日本版の“ケース・スタディ・ハウス”ですよね。

  

はい。建築家は池辺陽さんで、ケース・スタディ・ハウスの第1号となりました。先生は「立体最小限住宅」として多くの戦後住宅を手がけていたのですが、すべての作品にナンバーをつけていました。それがこの家、「池辺作品No.38」です。 

 

—テーマはどのようなものだったのですか。

 

「家族4人で住める小住宅」でした。この家は、片側になるべく窓をとらずに、同じものを連続して建てるというのが池辺先生の考えだったようです。当時はまだコンクリートの打ちっぱなしに住むという発想がなくて、「牢屋みたい」なんて言われたこともありましたけど(笑)。

 

—Please tell us how your father happened to live this house built by Kiyoshi Ikebe in 1957.

 

It originally started from an article of a magazine called Modern Living published by Fujingaho-Sha (now Hearst Fujingaho Co., Ltd.). Their editorial concept was “how an ideal ‘residential architecture’ as a place to lead human way of living should be created” and they announced that they would build a “prototype house” in the magazine. Then my father (Kensuke) was asked if he’d like to be its owner.

 

—It was a Japanese version of Case Study House, as it is now called.

 

Yes. The house was designed and built by Mr. Kiyoshi Ikebe, and became the first Japanese Case Study House. Mr. Ikebe had built many houses called “Rittai Saishogen Jutaku (3D spatial and minimum houses)” after the War and numbered all of those. This house is one of those houses and named “Work of Ikebe No.38”.

 

—What was the theme of this house?

 

It was “a small house for a family of four”. In Mr. Ikebe’s mind, the house should be one of the terraced houses having minimum windows on one side of the walls. As it was quite rare to live in the house with concrete walls at that time, some said, “it looks like a jail” (laugh).

 

 

 

 

 

 

 

 

—当時は、相当アバンギャルドだったんじゃないですか。 

 

そうですね。それで、池辺先生は建てられる前に、うちの父(謙介)と半年間くらい密にお付き合いしたんです。施主の暮らしぶりや性格を知るために。半年間ぐらい入念にリサーチしてから、間取りなんかを考えられていました。 

 

—最初に見たときの印象はどんな感じですか?

 

当時、コンクリートの個人住宅を見たことがなかったので、とにかく斬新でしたね。私は3人兄弟なのですが、自分のスペースが持てるよう壁で仕切られたスペースを与えてもらえて。それまでは兄弟3人一部屋で生活するのが当たり前のような時代だったから、すごく嬉しかったのを覚えています。 

 

—天井が高いからとても広く感じますね。採光性が考えられた大きなガラス窓、鉄のフレームもモダンですね。

 

当時のまま残っているのが、そのガラス窓と高い天井、ドアのないトイレ。それと階段もそうですね。息子が小さかった頃は、階段から落ちないように木の手すりを付けていました。今はまた違う手すりをつけていますが、そんな感じで住みながら、アップデイトを繰り返してきたんです。天井も塗り替えと補強をしています。

  

—I guess it looked really avant-garde at that time. 

 

I think so. Mr. Ikebe had had a close relationship with my father for about six months before he built this house. He wanted to know my father’s lifestyle and character well. After prepared very carefully for six months, he started to make the floor plan.

 

—How did you think when you saw the house for first time?

  

Because I had never seen a house with concrete walls, it looked really advanced. In this house, I had my own space divided from my smaller brothers’ spaces by walls. As two smaller brothers and I had to share one room before that, I was really happy then. 

 

—The inside of the house looks very spacious because the ceiling is quite high. Having the large window in order to maximize the amount of light entering rooms is great idea. Its iron frame is quite modern, too.

 

That window, high ceiling and toilet without a door are the original designs. Oh and staircases, too. When my son was small, I added a wooden handrail. As you can see that we have now different handrail, we have updated the house while living here. We also painted and strengthened the ceiling.

 

 

 

 

 

 

 

 

—特に大きく変えたところはありますか?

 

リビングの木を貼った壁は、最初の10年ぐらいまでは、モルタルが剥き出しだったんです。でも、父が壁に絵を飾りたいと言って、宮大工さんに床から天井までの長さのある無垢板を並べて作ってもらったんです。父がなるべく節の多い板がいいとリクエストしたので、納得いく材を探すのに苦労したみたいです。それから、奥の黒いソファが置いてある部屋は、最初庭だったんです。私たちが7年前に移り住んだ時にサンルームにしました。

 

—増築や改装は何回くらいしているのですか?

 

竣工時、家族5人で住んだのが初めてで、その後家族が入れ替わりでこの家に住んでいます。だから、その都度キッチンや水回りを改装していますね。

 

—どのくらい入れ替わっているのですか?

 

まずは、謙介夫婦と子供3人の家。その次に、長男の私が結婚して子供ができたタイミングで入って、息子が3歳くらいの時に出ました。その次は、新婚だった弟が入りました。それでいよいよVANが倒産するとなった時に、謙介夫婦がまた戻ってきたんです。それが1978年。それから2005年に2人が亡くなるまで住んでいて、その後、ぼくが戻ってきたという感じです。

 

—Do you have some areas you converted extensively?

 

The lounge walls used to be mortar for the first ten years or so. But my father asked Miyadaiku (specially trained carpenters to built temples) to put wooden boards on it because he wanted to hang some pictures there. They had difficulties to find right wood as my father asked them to use knotted wood. And the room with a black sofa was originally a garden. I converted it to a sunroom when we moved here seven years ago.

 

—How many times have you converted or renovated this house?

 

We were a family of five when this house was originally built. After that our family members have taken turns to live here. Each of us converted the kitchen and bathrooms when new family moved in.

 

—How many times have the owner changed?

 

Kensuke was the first owner and lived with his wife and three sons. Then I moved in when I got married and my son was born. I think I moved out when my son became three year-old or so. Then my newlywed younger brother moved in with his wife. After that, when VAN went bankrupt, Kensuke and his wife came back here. It was 1978 and they continued to live in this house until they died in 2005. Then I moved in again.

 

 

 

 

 

 

 

 

 —そうやってご家族で住み継がれてきた家なんですね。

 

池辺先生は躯体だけを作って、住む人によって使いやすいように、その都度手直してもらえばいいという思いで設計されたようです。普通は、あそこまでの大先生が作った家だと、「改装などせずに、我慢してでも住まなくては」といった暗黙のルールがある気がしますけどね(笑)。

 

—何だか、手をいれてはいけない気がします(笑)。

 

でも、池辺先生は「自分の作品じゃないから、どんどん思うように使ってくれ」と。先生にとって、“ケース・スタディ・ハウス”とはベースなんですね。「箱だけ作るから、あとはどうぞ」みたいにね。だから、父も壁を変えたりするのも躊躇なく、先生に相談することもなくやっていましたね。

 

—This house has been your family’s for generations.

 

Mr. Ikebe designed this house with the idea of wanting the owners to convert it freely to fit each owner’s lifestyle. Normally there should be unspoken rule to hold back the will to renovate the house and owners might think, “I have to be patient and keep its original designs” because the house was built by such famous architect (laugh).

 

—We might think like that (laugh).

 

But Mr. Ikebe said, “It’s not my work. You can use it as you wish”. For him, Case Study Houses are just prototypes. He gave it to us like saying “I made the basic structures for you. Please change it as you like”. So my father converted the walls without hesitation and asking Mr. Ikebe.

 

 

 

 

 

 

 

—そもそも、お父様がこの辺に住むことについて、何かこだわりはあったのですか?

 

父は郊外の邸宅に住むという発想がなかったんです。その代わり、都心に暮らすことにこだわっていましたね。この家にいた時は、四谷荒木町が彼の遊び場。外出先から帰ってくる時は、荒木町の行きつけのバーに寄って、それから帰ってくるという感じでしたし、ここを出た後は、帝国ホテルの住居棟に住んでいました。あとは、銀座のビルの屋上にある部屋に住みたいと言って探したこともありましたね(笑)。定住よりも、どちらかというと放浪が好きな人だったんです。

 

—そのくらいフットワークよく住み替えられたらって、憧れますね。日本人は“家を建てる=終の住処”と、どうしても考えがちなので。

 

いろいろな住まいを経験したいというのがあって、財産として家を持つという概念が父にはなかったんです。僕自身も、田舎と京都にセカンドハウスを持っているんですけど、京都では職人さんの長屋を借りています。京都は戦争で焼けなかったこともあって、そういった昔ながらの長屋がいっぱい残っているんです。木造だって、50年、100年経ってもちゃんと残っている建物はあるし、今も暮らせるということは、やはり住み方ひとつなのかなと思うんですよね。

 

—Did your farther want to live in this area?

 

He didn’t even think of living in a mansion situated in suburbs. Instead he was so obsessed with living in the city center. Yotsuya-Araki-Cho was his playground when he lived here. He always stopped at his favorite bar in Araki-Cho before he came home. After moved out, he lived in Teikoku Hotel. Once he said that he wanted to live in a room on the roof of a building in Ginza and started to look for it (laugh). I think he was a kind of person who prefers a nomadic life rather than settling down.

 

—I wish I could change a place to live as easily as him. Japanese people tend to think that to build their own houses means that they have to live there until they die.

 

For my father, having house didn’t mean having a property. He rather wanted to live in various types of houses. I myself own second houses in my hometown and Kyoto. In Kyoto I rent an old terraced house for a craftsman. There are many traditional terraced houses in Kyoto because the city wasn’t damaged by air raids in the Second World War. Even wooden houses have been used for fifty, hundred years if we live there carefully.

 

 

 

 

 

 

 

—この家も60年近く経っているとは思えないほど、まったく古さを感じさせないですね。

 

デザイン的にもスタンダードなんでしょうね。

 

—それで言うと祥介さんが1965年に手がけた『TAKE IVY』の本も、ずっと古くならないですよね。ファッション界において、今も熱狂的に支持されています。

 

いちばん最初に出版したのが、1965年。父の生誕100年周年だった2010年のタイミングで復刻版を出しました。この本自体は、アメリカで爆発的に売れたんです。

 

—オリジナルには、すごい価値が付いていますよね。

 

当時、ぼくが隊長で撮影クルーを連れて行ったんですけど、学生の普段着を撮っているだけの話だから、逆にアメリカには当時のこういった写真は資料としてもなかったらしいんです。それで、なんで日本にこんなに資料が残っているんだって話になって、アメリカの出版社から復刻したいって申し出があったんです。アメリカ版が出て、それから韓国版、オランダ版が出て…、これを見ると変わってないですよね、男の洋服は(笑)。

 

—This house also remains timeless sixty years later.

 

I think its design is timeless.

 

—The book you published in 1965, “TAKE IVY” became a timeless piece, too. Many people treated it as a bible of men’s fashion.

 

I published it in 1965 for the first time. And the reprinted edition was out in 2010 to commemorate the 100th anniversary of my father’s birth. The book was sold really well in the US.

 

—Original edition is now sold at an extremely high price.

 

When we shot the photos, I was a leader of the crew. Although we just took photos of students’ everyday clothes at that time, there are no photos like those in the US today. People in the US wondered why such valuable historical materials are in Japan and asked me to reprint it. Then we printed US version, Korean version and Dutch version… As we see this book, we realize that men’s fashion hasn’t been changed (laugh).

 

 

 

 

 

 

 

 

—まさしくメンズファッションの教科書だと思います。

 

当時のVANの発想は、日本人の風俗になるようなスタンダードを作りたいというところにありましたからね。だからファッショナブルなものを流行として着せるというより、当時アメリカの学生が着ていたようなカッコいい普段着を提案しようという思いの方が強かったんです。この本にしてもそういうコンセプトでした。

 

—ライフスタイルとしてのファッションという基軸ですよね。しかも、VANはファッションだけでなく、インテリア事業もやられていましたよね? アルフレックスの家具を扱い始めたのは、何年頃のことですか?

 

1969年です。現在の社長の保科は、もともとVANの社員でデザイナーでした。イタリアでアルフレックスが立ち上がったころに修行に行って、「アルフレックス・ジャパン」をやりたいって言ってね。それで子会社にしたんです。

 

—I think it can be described as a textbook of men’s fashion.

 

At that time, VAN tried to create standards in Japanese fashion scene. So we suggested our readers to wear cool outfits like students in the US rather than flashy, fashionable ones. The concept of this book came from that kind of thought we had.

 

—The axis of VAN’s policy was “fashion as lifestyle”, wasn’t it? And VAN also had an interior section along with its fashion business. When did you start to trade the arflex products?

 

In 1969. The CEO of my company, Hoshina, used to work at VAN and was a designer of the company. He went to Italy to train himself when arflex started their business. As he said that he wanted to make “arflex Japan”, we started to operate it as our subsidiary.

 

 

 

 

 

 

 

 —もしかして、リビングのレザーのソファもそうですか?

 

そうです。それは保科が直接組み立てたものですよ。何回か張り替えましたが、デザイン自体は最初のものです。確か最初はコーデュロイのファブリックが張ってありました。

 

—当時、“インテリア”という感覚を生活に取り入れるは、早かったのではないですか?

 

そうかもしれませんが、やっている私たちにあまり抵抗はありませんでした。それはファッションの会社だからかもしれません。その時々の流行、ライフスタイルをどこまで取り入れるかが仕事なので、あまり変化を恐れないというか。変えて行くのが当たり前っていう感覚が、ずっとあるんですよ。

 

—Is the leather sofa in the lounge also from arflex?

 

Yes. Hoshina built it by himself. Although I have reupholstered it several times, the design itself remains as it used to be. I think its original fabric was corduroy.

 

—I guess it was quite ahead of the time to introduce the way of thinking to import the concept of “interior” to lifestyle.

 

Maybe, but we had no resistance. I think it was because VAN was a fashion company. As we always accepted fashion and lifestyles of the times, we are not afraid of any changes. We always feel that it seems perfectly natural that things keep changing.

 

 

 

  

 

 

 

—そういう意味で言うと、この家も家主が代わり、しかも空間が変化していっているのが面白いですよね。石津家では自然な流れだったのでしょうか。

 

そうですね、3家族が出たり入ったりで(笑)。でも池辺先生がおっしゃったとおり、家って最初はベーシックでシンプルな箱さえあれば、後は住む人たちのライフスタイルに合わせて、自由に変えていっていいものだと思うんです。うちの家族の場合、変化をあまり恐れないから、内装もアップデイトしていく率が高いのかもしれませんね。あと15年後ぐらい先に、息子一家が住んでくれていたらいいですけどね(笑)。

 

—In that sense, the interesting point of this house is that it keeps changing whenever it welcomes a new owner. Is it natural for the Ishizu family?

 

I think so. Three different families have repeated to move in and out (laugh). But I think a house should be a simple box and can be converted to fit its owner’s lifestyle as Mr. Ikebe told us. We update the interior of this house quite often because all of my family members are not afraid of changes. I hope my son will decide to live here with his family in about fifteen years (laugh).

 

  

 

 

 

 

Translation:Aya Takatsu

 

 


石津祥介
1935年、岡山県生まれ。1960年代から70年代にかけて、一世を風靡したファッションブランド『VAN』の創業者、石津謙介の長男。 婦人画報社(現ハースト婦人画報社)『メンズクラブ』編集部を経て、1960年、株式会社ヴァンヂャケットに入社。企画及び宣伝部に主として携わる。同年、本場アメリカのアイビー校で、本物のアイビーリーガーズの映画を撮影するため渡米。1965年には、同行した林田昭慶撮影のスチールをまとめたハードカバーの単行本『TAKE IVY』を出版(※)。1983年に有限会社石津事務所を設立。現在代表取締役。メンズウェアの企画、宣伝を主として、百貨店などのファッションディレクターを歴任する。その他、社団法人日本メンズファッション協会常務理事、財団法人日本ユニフォームセンター理事などを兼任している。
http://www.ishizuoffice.com

(※)『TAKE IVY』…1965年の発刊当時は大きな注目を集めたわけではなかったが、数十年後には海外のファッション専門家の間でカルト的な人気を誇るまでに。四半世紀以上を経て日本でも再評価され、2006年にSHIPSより限定復刻版が出版され、2010年にはアメリカの出版社powerHouse Booksより英語版が出版される。他にオランダ版、韓国版もある。今なお色あせない、トラッドファンの永遠のバイブルだ。


Shosuke Ishizu
Born in Okayama, Japan in 1935. The eldest son of Kensuke Ishizu who ran a predominant fashion brand called VAN between the 60s and 70s. After working at Men’s Club magazine editorial team at Fujingaho-Sha (now Hearst Fujingaho Co., Ltd.), he joined VANJACKET Co., Ltd. In 1960 and worked at its planning and PR division. In the same year, he went to the US to shoot photos of students from Ivy League universities. In 1965, he published a book “TAKE IVY”* featuring the students’ photos in the US taken by a photographer, Akinobu Hayashida. He established his own company Ishizu Jimusho in 1983. Now he is a Representative Director of the company along with working as a fashion director of men’s wear section for several shops. He is an executive director of The Men’s Fashion Unity and executive board member of Nippon Uniform Center.

http://www.ishizuoffice.com

* “TAKE IVY”: Although the book didn’t get much attention when it was first published in 1965, now it earns cult following in fashion scenes around the world. Its value as a historical fashion material is also reassessed in Japan and SHIPS reprinted limited edition in 2006. In 2010, American publisher powerHouse Books published it in English. Korean and Dutch version of the book was also published. Featuring timeless fashion photos, it is described as a bible for traditional fashion fans.

 
写真:高木 康行さん
Photo: Yasuyuki Takaki
1968年、大阪府出身。DJ、ファッションスタイリストを経て、1994年からフォトグラファーとしてのキャリアをスタート。メンズファッション誌をはじめ、ファッション広告、CDジャケットなどを中心に活動している。写真展のほか、2009年『TOTAL Exhibition Book』(TOKYO CULTUART by BEAMS, 2009) 、2012年『ジャン・プルーヴェ 20世紀デザインの巨人 』(Pen BOOKS)などを手がける。
Born in Osaka, Japan in 1968. After building successful careers as a DJ and fashion stylist, he started to work as a photographer in 1994. He is now working for male fashion magazines, various adverts and CD jackets. Besides photo exhibitions, he photographed for interior books such as “TOTAL Exhibition Book” (TOKYO CULTUART by BEAMS, 2009) and “JEAN PROUVÉ: CONCEPTEUR-CONSTRUCTEUR” (Pen BOOKS).
tkklab.com/