File No.016
-
Interview:
Tadatomo Oshima (IDÉE)
Takahiro Shibata (EATer)
Chizuru Atsuta (EATer)
-
Photo:
Yasuyuki Takaki


Share> facebook   twitter

光石 研さん 『名脇役たちに囲まれた、俳優の素顔の暮らし』
Ken Mitsuishi
Actor / Setagaya-ku, Tokyo
2013.2.20

『名脇役たちに囲まれた、俳優の素顔の暮らし/The Actor's Real Life with Lifetime Products』

「俳優、光石研」と聞いた時、どんなイメージが浮かぶだろうか。
“日本映画界屈指のバイプレイヤー”。きっとそんなフレーズを思い起こすのではないだろうか。俳優歴35年。映画だけでも出演本数は150本以上、市井の人から極道まで、まったく違う役柄に変幻自在する、生粋の名役者である。果たして、どの顔が本物の光石さんなのだろう? 長年、その素顔はベールに包まれてきた。事実、これまで出演作や芝居の話をすることはあっても、「ライフスタイルやインテリアの取材を受けるのは、初めて」だという光石さん。
そのご自宅は、世田谷区の閑静な住宅街に佇む瀟洒なマンション。天井を抜いて開放感を演出した室内など、リフォームのアイデアは、すべて光石さん本人が考えたものだ。直感に従い、買い集めたそれぞれに物語のある家具、そして随所にディスプレイされた愛着のあるオブジェが、自然体の暮らしをリズミカルに彩っていた。
インテリアと音楽と古着が好き—。会話をかわす誰もが魅了されてしまう、そんな微笑ましい人柄とソウルミュージックのBGMが相まって、気持ちよく柔らかな時間が流れる。1月の、よく晴れた昼下がり、インタビューはいつしか意外な趣味の話で盛り上がっていた。「好きなものの話は止まらないね」。いたずらっぽく笑う光石さんのプライベートルーム、本邦初公開だ。

What do you imagine when you hear the name, Ken Mitsuishi? The phrase like “one of the best supporting actor in the world of Japanese movies” may first pop into your mind. He has appeared over 150 movies and played an amazing range of roles from a person on the street to gangster. Because his personal life has been veiled so far, it was quite difficult for us to identify his true face. He actually confessed that it is the first time for him to talk about interior and lifestyle apart from movies and acting.

Mitsuishi lives in a bijou condo in a neat housing estate. All the ideas to remodel the room – for example, the impressive vaulted ceiling – were generated by him. The furniture and ornaments he bought intuitively are displayed here and there to add color to his organic lifestyle.

The things he loves are interior, music and vintage clothing. With his charming personality and having soul music for backup tune, the time trickled by slowly. When we enjoy chatting about his surprising hobby in a lovely January afternoon, Mitsuishi said “I can’t stop talking about my favorite things” and smiled playfully. This time, we are proudly showing his house and lifestyle for the very first time to the public. Enjoy!

 

 

 



 




—さまざまな作品にご出演されている光石さんですが、そもそも俳優に進もうと思ったきっかけを教えてください。

ぼくはデビューしたのが16歳で、その時初めて映画に出演したんですけど、撮影がとても楽しかったんです。その作品に1本だけ出演して、一度高校生活に戻って卒業してから上京しました。その時はもう俳優になろうと決めていましたね。

—作品1本で道を決めるってすごいですね。

こんなに楽しいことをずっと続けていけるのかと思って。その気持ちだけでした。まあ、実際はそんなに甘くはなかったですけど(笑)。でも、本当に撮影の現場が楽しくて。それは、いまだにそうですね。

—それにしても、ものすごい数の作品にご出演されていますよね。いろいろな現場が並行して混乱しそうですが…。

せいぜい一日2本くらいですよ。最近はなるべく曜日は変えるようにしていますから、一緒に並行してやっていても今日はここ、明日はあそこみたいな感じで。

—毎日違う人になるんですね(笑)。

衣装さんやメイクさんがいてくれるので、スイッチが入るというか、だんだんその気になっていく感じです。ま、寝て起きれば大丈夫なもんです(笑)。

—You have been played for numerous movies and stages. What first drew you into acting?

I made my debut at the age of 16 and appeared in a film. For me, it was really enjoyable experience to be involved in the filming. I came back to high school after shooting the movie and moved to Tokyo soon after graduation. I have decided to be an actor at the time.

—So your first movie directed your course.

I thought it’d be great if I could do such an enjoyable thing forever. That’s the only thing I had in my mind. Of course, it was not that easy (laugh). But I was really happy being on the set. Actually I do feel same even now.

—You have been involved in a huge numbers of movies. Don’t you get confused to play various roles at once?

But it’d be only two sets a day at the most. As I try to make it one set a day recently, it’s not that hard to play more than one role at once.

—So you’d have a different personality everyday (laugh).

As the make-up artist puts my makeup on and wardrobe crew passes my costumes, I gradually get into a different character. The character would be cleared from my head once I fall asleep (laugh).


 

 

 

 

 

—オフの日はご自宅ではどういう感じで過ごされているのですか?

取り立てて何かやるというわけでもなく、ゆっくり起きて、ご飯食べて、ジム行って、あとは音楽聴いて…、というくらいですよ。

—とてもゆったりとくつろげそうなご自宅ですよね。素敵に暮らしていらっしゃいますけど、昔からインテリアやデザインは好きだったんですか?

はい、子供の頃から好きでした。実家のぼくの部屋は和室の4畳半だったので、狭い部屋をなんとか模様替えをしたり、机を移動させたりして、楽しんでいましたね。それで、東京に出てきて、一人暮らしを始めたんですけど、ちょっと郊外の広めの部屋に住んで、タイルをはったり、壁や押し入れを白く塗ったりして。本当はいけないんですけど(笑)。

—DIYですね(笑)。

あとは絵を描いたり、野球チーム作って、そのユニフォームのデザインをしたりしたこともありました。

—“ものづくり”みたいなことが好きなんですね。

そんなおおげさなものではないんですけど、好きでしたね。ただ今と違って、昔は、俳優は俳優業だけをストイックにやらなければいけないという空気がありましたね。

—How do you spend your free time?

I don’t do any special things. I wake up late, have breakfast, go to gym and listen to music…

—You may be able to rest at ease in this house. The furnishing is really impressive. Have you always liked interior and design?

Yes, I have liked it since I was a kid. My parents gave me a very small, 4.5-tatami-mat-sized room for me, so I enjoyed fixing over the room and moving my desk everywhere. After I moved to Tokyo, I rented a good-sized room in the burbs and remodeled there with tiling and painting walls and closet into white although I wasn’t supposed to do such things for Japanese rented apartment (laugh).

—It’s true DIY (laugh).

I used to paint and designed a uniform for my amateur baseball team.

—You like to create something.

It’s not that big thing, but I have liked it. However, the world of actors was really different from how it is now. Decades ago it was more common for actors to focus entirely on acting without sticking the nose in other things.

 

 

 

 

 



—このご自宅にはどのくらいお住まいなんですか?

8年くらいかな。

—こちらに決めた理由は?

物件を外から中からと見て、なにも手つかずだったんで、「ここならスケルトンにできる」って思って。

—リフォームも光石さんのアイデアだとお伺いしました。

まずはここを買う前に天井が抜けるかどうかを確認しました。それで、スケルトンにして、床をはってもらって、あとはカウンターを付けて…、くらいな感じです。最初は予算もないからまだ手つかずのところもあって、玄関の棚とピアノの部屋は後からリフォームしました。そうやって少しずつ手を加えていければいいなと思ったんです。

—内装はどのようにプランを立てたのですか?

ノートを1冊作ったんです。それで雑誌のキリヌキを貼って「この床はこんな感じ」とか「ここは白く塗って」とか、自分の理想のイメージを伝えるために、細かく指定しました(笑)。

—玄関が土間のように広くなっていますが、こういうスペースにしたのは?

ここは元々4畳くらいの部屋だったんです。でも、そんなに部屋数もいらなかったので、広く玄関に使おうと思って抜いてもらったんです。あわせて天井も抜けると思って。

—How long have you lived here?

About eight years, I think.

—What was the reason you chose this condo?

When I saw the house from inside and outside, I realized that nobody changed anything and thought it’d be possible to remodel from the scratch.

—We’ve heard that you decided how to renovate this house.

Before I bought this house, I checked whether I could clear the ceiling away. Then I asked my remodeling contractor to renovate the ceiling, re-floor, and set a countertop. That’s about all I did. Because our budget was not enough at first, we couldn’t do everything I wanted. The front hall closet and the room with a piano were renovated a bit later. I’d like to change it little by little.

—How did you make your interior plan for this house?

I got myself a notebook full of magazine clippings of my ideal interior. I showed it to contractors and gave precise instructions on the floorings or wall colors (laugh).

—The entrance hall is very spacious like doma (Japanese style entrance). Why did you make it so?

This space was originally a 4.5-tatami-mat-sized room. As we didn’t need extra rooms, I decided to break the room down and use it for a large entrance hall. By doing so, we could also clear the ceiling away.

 


 

 

 




—天井が三角に抜けているのは元からですか?

はい。外から見たときに平らではなかったので、「これ絶対三角に抜けるな」って思ったんですよ。

—物件の見方がプロっぽいですよね(笑)。部分的にコンクリートのまま残してあるのもいいですね。ボルトとか数字もそのまま痕跡を残して。

綺麗に直すのはいつでもできるから、とにかくそのままにしといてもらったんです。でも義理の父が来た時に「まだ途中か?」って言ってましたけどね(笑)。

—若い頃にインテリアとか参考にしていたもの、影響を受けたものってありますか?

一番影響を受けたものはフィフティーズのカルチャーですね。ちょうどティーンエイジャーのころにブームがあったので。あとは『ポパイ』世代なので、創刊からずっと読んでいて、その辺の影響も大きいと思います。むかし古着屋で『クリームソーダ』という店があって、そこが今の裏原宿に『ガレッヂパラダイス東京』という店を作って、2Fに家具を売っていたんです。民家を真っ白に塗った店で、アメリカの中古家具を売っていて、当時はお金がなかったから買えなかったけど、そんなものに憧れましたね。

—そういったお店にはよく足を運ばれたんですか?

20代のころはしょっちゅう行っていましたね、特に古着屋なんかは。

—The ceiling is triangle-shaped. Does it remain as it was?

Yes. I thought it would be triangle-shaped because it wasn’t flat when I saw it from outside.

—You looked the house like a professional contractor (laugh). We like that bare concrete walls remain here and there. There are some bolt-holes and numbers on the walls.

We can fix it any day. So I left it as it was. But my father-in-law asked me whether it was half-done when he visited here (laugh).

—Do you have anything influenced or inspired your interior ideas when you were young?

I have influenced by cultures in the 50s. Because there was “the 50s” boom when I was a teenager. And I guess a Japanese magazine called “POPEYE” also influenced me a lot. I have been a reader of this magazine since it was first published. Years ago, there is a vintage clothing shop called “Cream Soda” and the owner of the shop started a new shop called “Garage Paradise Tokyo” in Ura Harajuku. The shop was converted from an old residence and painted in white, and sold American vintage furniture upstairs. Although I couldn’t afford that kind of things at the time, I admired it.

—Did you go to that kind of shops often?

I did when I was in my 20s. Especially vintage clothing shops.


 

 

 




—どの辺に行っていたんですか?

定番ですけど、『ヴォイス』『サンタモニカ』『デプト』…。それから昔、『赤富士』っていう古着屋があったんですけど、好きでしたね。オリジナルもちょっと出していて、スーツ系も多くてね、ツータックの太めとか…。またそこの店員のお兄ちゃんがすごいカッコよくて。ずいぶん買いましたね。

—なんだかシティボーイですね(笑)。

いやいや、ものすごくそういうものに憧れていましたから。でもかなわないです、本物のシティボーイには(笑)。

—憧れで言うと、手に入れたかった家具や思い入れのある逸品みたいなものはありますか?

リビングに入る格子のついたガラスの扉は、実は青山にあった『イデー』のを真似したんですよ。

—エレベーター出て、3階のカフェに入る入り口のところですか?

そうです。それから、確か2階の階段を上ってすぐところにも使っていたんですよ。それを当時、こっそり携帯で撮って…(笑)。その写真を見せて「こういう風に作ってください」ってお願いして作ってもらったんです。しかも偶然、扉を作った方を知り合いに紹介してもらえて、ご本人にお願いすることができたんです。

—そんなに気に入ってもらっていたなんて、めちゃくちゃうれしい話ですね(笑)。

—Which shops did you go?

“VOICE”, “Santa Monica”, “DEPT”… not that special. And I liked a vintage shop called “Aka Fuji”. They had their original clothing line and sold setups with wide two-tuck trousers. The shop staff was really cool, too. I spent lots of money there.

—It sounds like you were a city boy (laugh).

No no, I just really wanted to be one of them. But I could never be as cool as true city boys (laugh).

—Do you have any furniture or interior items you’ve wanted for long time?

To be honest, our living room door with gratings is an imitation of the one at “IDEE Aoyama”.

—The one at the entrance of our café on the third floor? Outside of the lift?

Yes, that’s the one. You used same door at the top of the stairs to the second floor, I think. I secretly photographed it with my cell-phone… (laugh). Then I showed the photo to my contractor and asked him to make a door like this. Actually I could meet a person who made the original door by chance and he made this door for me.

—We are so delighted to hear that you liked our door so much (laugh).



 

 




あとは、壁にある黒人が楽器を演奏しているシリーズのオブジェ、あれは20代の時に最初2個だけ買ったんですけど、それ以来、黒いアイアンで作られているものが無性に好きになっちゃって。

—黒アイアン…、言われてみると結構多いですね。

キッチンの上の壁に飾ってある魚のオブジェは、昔『デプト』で買ったんです。それ以外は目黒通りの店で買いました。だから、『イデー』で出しているセルジュ・ムーユの照明もすごく好きなんですよね。

—椅子もたくさんありますが、それはフリソ・クラマーですか?

これは、明治通りの洋服屋にあったのを譲ってもらったんですけど、プルーヴェっぽくてかわいいなと思って。お気に入りです。あと、この麻が張ってある椅子は『コンプレックス』のスパイチェアで、ブラジルのデザイナーのレプリカです。あのイームズのロッキングチェア(RAR)は、今青山にある『ビオトープ』のオーナーさんが昔下北沢でやっていたお店で買ったんです。その後、あるレストランでお会いした時に「昔イームズを買ってもらったんですよ」って覚えてくださって…。

—一つ一つにそういうエピソードがあるんですね。家具を買った記憶って、意外と忘れないですよね。

バーカウンターにあるスツールも下北沢のジャンクな店で見つけて。50年代のアメリカのものです。これ両手に抱えて、電車に乗って持って帰ってきましたよ(笑)。この照明は、世田谷通り沿いの古道具屋さんで売っていたのを奥さんが見つけて、ソーサーをアレンジしているみたいな感じが気に入って…。

And the wall ornaments of black guys playing instrumentals, I bought two of them when I was in my 20s for the first time. Then I started to collect ornaments made of black iron.

—The items made of black iron… Now that you mentioned it, we can found lots of them in this house.

I bought the fish ornament in the kitchen at “DEPT” and all other things are from shops in Meguro Street. And obviously, I love the lighting by Serge Mouille sold at “IDEE”.

—You have many chairs in this house. Is that the one by Friso Kramer?

I purchased it from a clothing shop in Meiji Street. I think it looks like the one by Jean Prouvé and so cute. It’s my favorite. And this one with linen seating I bought from “COMPLEX” is a replica of the spy chair by a Brazilian designer. I bought the RAR by Eames at a shop in Shimokitazawa ran by a guy who is now the owner of “biotope” in Aoyama. When I met him at a restaurant, he remembered me and mentioned that I bought Eames chair from him.

—You have stories for everything you bought. We tend to remember the memories when we buy furniture.

I found the bar stool at a small shop in Shimokitazawa. It was made in America in the 50s. I came back home by train carrying this in each arm (laugh). My wife bought this lighting at vintage shop in Setagaya Street. She loves the shape looks like arranging saucers….


 

 

 




—いろいろ話を聞いていると、本当に好きな様子が伝わってきます。

そうですね。本当に好きなんです(笑)。だから有名無名関係なくいろいろな家具屋さんに行きます。ちなみにソファとテーブルは『パシフィックファニチャー』で、脚がアイアンになっているフランスの椅子は、博多に行った時買って来たものですね。

—ロケなどで地方に行った時に家具屋さんとかアンティーク屋さんとかまわりますか?

家具屋、中古レコード・CD屋、古本屋、古着屋あたりによく行きますね。

—それはまったく一緒ですね(笑)。ほかに、最近はまっていることなどありますか?

こないだタイのチェンマイに行きましたが、とても面白かったんです。これはタイのインテリア本なんですけど、カッコ良くて。ホテルの内装もモルタルで作ってておしゃれですよ。今の気分というか。

—結構モダンなんですね。自分が持ってるタイのイメージと全然違います。旅から受けるインスピレーションは多いですか?

そうですね、実際に足を運ぶことで影響されて、いろいろな感覚を持ち帰ってくる感じはあります。海外でアンティークを買うようになって、もろアメリカンなフィフティ―ズというより、フレンチやヨーロッパのフィフティーズがカッコいいと思うようになって、そういうものも増えましたね。玄関の棚に並んでいるのは、いろいろなインテリア本、ミッドセンチュリーの家具の本…、あ、これもおもしろいですよ。ドイツのフィフティーズ本。

—You sound like you really love interior.

Yeah, I do love it (laugh). So I go to various furniture shops regardless of its reputation. That sofa and table are both from “PACIFIC FURNITURE SERVICE” and I bought the French chair with iron legs when I went to Hakata.

—Do you go to local furniture shops or antique shops when you visit provincial cities for movie shootings?

I go to local furniture shops, vintage record shops, secondhand bookstores and vintage clothing shops often.

—We do exactly same things (laugh). Do you have other things you are into now?

I went to Chengmai in Thailand recently and really enjoyed staying there. This is an interior book from Thai and I think it is very stylish. The interior of the hotel was mortar finish and really cool, too. It matches our current mood.

—It’s quite modern and different from the image I used to have of Thailand. Are you often inspired by your traveling experiences?

I guess so. When I travel, local things give me inspiration and I always bring back various new feels. I found furniture made in France or Europe in the 50s more attractive than American ones after I started to buy antiques abroad. Now we have lots of them in this house. There are some books about interior and Mid-Century modern furniture in the shelf at the entrance. Oh I think it is also interesting – a German book about the interior in the 50s.


 


 




—書体がドイツ語ってだけでかわいいです。装丁もおしゃれですね。

あと、そこにあるラジオはパリで買ってきたものですね。使えないけど、インテリアとして買ってきて…。

—こうやって拝見していると、国も時代もさまざまですが、年齢とともにいろんなテイストを混ぜられるようになった、という感じですか?

若い時はどうしてもひとつのテイストに偏って、一辺倒になってしまうけど、もうあんまりガチガチに揃えるのも違うかなと。とにかく好きなものに囲まれていたいって感じですね。

—ところで、こういうお話ってふだんされますか?

ほとんどしないです。だいたい作品のこととか、仕事の話ばかりで。たまに「趣味はなんですか?」と聞かれて、「レコード」っていうのはありましたけど。

—今もレコードを買われているのですか?

いやあ、レコードは場所とるから買うのはやめました(笑)。今はCDばかりです。

—どういうジャンルが好きですか?

50年代〜70年代のブラックミュージック、ソウルが好きです。

—Books look more stylish if it’s written in German. And the design of this book is really impressive, too.

I bought the radio over there in Paris. Although we cannot use it as radio, I thought it’d be a good interior item…

—The interior items in your house are from various ages and countries. Did you start to mix items with different tastes as you got older?

Young people tend to concentrate their efforts on one thing and cling to it. But I feel a slight discomfort with those monomaniac ideas recently and want to do it more freely. I just want to be surrounded by things I love.

—By the way, do you talk about those kinds of things often?

I seldom do. For the interview, I mostly talk about the movies or stages I work with. Sometimes they ask me about my hobby and I answered it’s collecting vinyl.

—Do you still collect vinyl?

No, because it’s really space consuming (laugh). Now I buy CDs.

—What kind of music do you like?

I love black music from the 50s to 70s, especially soul music.


 

 

 




—レコード棚もいいですね。ミキサーもあって…、しかもDJ仕様じゃないですか(笑)?

今は一切してないですけど、10年くらい前に遊びで少しやってたことがありました。レコードはその前から少し持っていたので…。

—意外な趣味を発見しました(笑)。

これまで趣味の話はほとんどしたことがなかったので…。一度だけ、そのむかし、川勝正幸さんがやられていたイベントに呼ばれて、レコードの話をしにいったことはありましたけど。その時が唯一趣味みたいなものを披露した場でしたね。

—俳優さんの間ではそういった話はされないのですか?

俳優仲間では、こういう趣味の話ができる人はあまりいないです。今かけている曲は、スクーターズなんですけど、「スクーターズ」といって反応してくれる人はまずいないですね(笑)。インテリアもファッションもあまりいないんです。

—I like your vinyl shelf. And you have a mixer… it’s for professional DJ, isn’t it (laugh)?

I don’t DJ now but I used to do for fun about 10 years ago. I collected some vinyl before that.

—We found your unlikely interest (laugh).

I seldom talk about my interests so far… Only once, Mr. Masayuki Kawakatsu invited me to his event and we talked about vinyl. I think it was the first time for me to talk about my hobby to public.

—Don’t you talk about it with your actor friends?

 

I have few actor friends I can talk about my interests. The music we are listening now is Scooters. But none of my actor friends would know about them, I guess (laugh). Most of them are not even interested in interior or fashion.

 

 

 

 

 

 

 

—たぶん一般人からしても光石さんを見る目って、ものすごくストイックに役者だけをやられているようなイメージだと思います。

 

実はチャラチャラしてるんです(笑)。


—いやいや(笑)。けれども、好きなことに対する軸が長年あるから、筋が通っているというか…。男性は特に好きなものが10代から基本的に変わらないですよね。

 

そうなんです。ファッションだって、今着ているものが昔は全部古着だったってだけで、同じ格好をしていますし(笑)。好きなものは昔から変わってないし、今後もおそらく変わらないと思います。


—I think most of the people think you are kind of person who just concentrates on acting.

 

I’m more frivolous person than they imagine (laugh).

 

—Oh I didn’t mean it (laugh). Your story does make sense because you’ve liked same thing for ling time. Men tend to stick to their interests since they were teenagers.

 

That’s true. I wear same kind of clothing for long time although all the things I used to wear were from secondhand shops (laugh). Things I love are never changed and I think it won’t change in the future.

 

 

 

 

 

 

 

—やはり古いものが好きですか?

 

そうですね。あんまりキラキラしたものよりは、使い古された、少し手あかのついたくらいのものの方が好きで、結果的にそういうものが集まっていますね。

 

—テイストが違うものでも、この空間にあると光石さん色に染まっている気がします。

 

自分のスタンダードがだいたいあるので、買う時はいつも直感なんです。そうやって、少しずつ買い足して揃えた家具やモノたちに囲まれていることが何より幸せですね。

 

—Do you like old things?

 

I like well-worn and well-thumbed things rather than flashy, sparky clean ones. So old things gathered in this house as a result.

 

—Although each item has different taste, it seems to take on your own color and is mixed really well with other items once it comes to your house.

 

As I have my own standard in my mind, I always buy things instinctively. I feel really happy to live a life surrounded by those things I have collected for long time.

 

 

 

 

 

 

Translation : Aya Takatsu

 


光石 研
1961年、福岡生まれ。高校在学中に受けたオーディションで主役に抜擢され、78年に映画『博多っ子純情』(曾根中生監督)でデビュー。以来、映画、テレビ、CMなどに数多く出演。サラリーマンのお父さんからヤクザまで、多様なキャラクターを演じ分ける、日本映画に欠かせない名脇役。映画出演数だけでも150本以上。主な代表作は、『Helpless』(96年・青山真治監督)、『紀子の食卓』(06年・園子温監督)『あぜ道のダンディ』(11年・石井裕也監督)など。2012年には、園子温監督の『ヒミズ』(第68回ヴェネチア国際映画祭コンペティション部門正式出品)、北野武監督『アウトレイジ ビヨンド』(第69回ヴェネチア国際映画祭コンペティション部門正式出品)などの話題作に出演。2013年も青山真治監督の『共喰い』(http://www.bitters.co.jp/tomogui/)をはじめ、新作の公開を控える。

HP:http://www.dongyu.co.jp/

 

Ken Mitsuishi
Born in Fukuoka, Japan in 1961. Chosen in an audition he attended when he was in high school, he made his debut and played the lead cast of “Hakatakko Junjo” (directed by Chusei Sone) in 1978. Then he has played for numerous movies, TV series and adverts. From an ordinary company employee father to Japanese gangster, he acts many different roles and has been called “an indispensable supporting player in Japanese film scene”. The number of movies he has credited is over 150 titles. His representative works are “Helpless” (directed by Shinji Aoyama, 1996), “Noriko no Shokutaku” (directed by Shion Sono, 2006), “Azemichi no Dandy” (directed by Yuya Ishii, 2011) and so on. In 2012, he made his appearances in such sensational works as “Himizu” directed by Shion Sono (competed in competition at the 68th Venice International Film Festival) and “Outrage Beyond” directed by Takeshi Kitano (competed in competition at the 69th Venice International Film Festival). His current works such as “Tomogui” directed by Shinji Aoyama (http://www.bitters.co.jp/tomogui/) will be shown continuously in 2013.
HP: http://www.dongyu.co.jp
 

 
写真:高木 康行さん
Photo: Yasuyuki Takaki
1968年、大阪府出身。DJ、ファッションスタイリストを経て、1994年からフォトグラファーとしてのキャリアをスタート。メンズファッション誌をはじめ、ファッション広告、CDジャケットなどを中心に活動している。写真展のほか、2009年『TOTAL Exhibition Book』(TOKYO CULTUART by BEAMS, 2009) 、2012年『ジャン・プルーヴェ 20世紀デザインの巨人 』(Pen BOOKS)などを手がける。
Born in Osaka, Japan in 1968. After building successful careers as a DJ and fashion stylist, he started to work as a photographer in 1994. He is now working for male fashion magazines, various adverts and CD jackets. Besides photo exhibitions, he photographed for interior books such as “TOTAL Exhibition Book” (TOKYO CULTUART by BEAMS, 2009) and “JEAN PROUVÉ: CONCEPTEUR-CONSTRUCTEUR” (Pen BOOKS).
tkklab.com/